現場&承認者も納得 日程調整ツール決定版 » 日程調整ツール全20種を比較しました » 【海外ツール】Front scheduling

公開日: |更新日:

【海外ツール】Front scheduling

Front scheduling

※引用元:Front scheduling公式HP(https://frontapp.com/classroom/5-ways-to-use-front-scheduling)

ビジネスツールとも強力に連携できる日程調整ツール「 Front scheduling」について紹介します。

Front schedulingの機能や月額費用について

空き日程の提示
日程のカスタム提示 -
ダブルブッキング自動防止
予定前後の時間を自動で確保 -
代理での日程調整 -
AND・OR条件での参加者自動割り当て -
3社以上での日程調整
予定+訪問場所の同時調整 -
予定+会議室の自動予約 -
予定+WEB会議URLの自動発行
API連携
打ち合せ方法の選択 -
セキュリティ対策 -
web会議方法 Zoom・Microsoft Teams・Google Meet・Skype
月額費用 スターター:9ドル/1ユーザーあたり
(10ユーザーまで)
プラス:24ドル/1ユーザーあたり
プライム:49ドル/1ユーザーあたり
企業:79ドル/1ユーザーあたり
7日間の無料トライアルあり

Front schedulingの機能に関する特徴

ビジネスツール「Front」が提供する日程調整ツール

「Front scheduling」は、ビジネスコラボレーションツール「Front」が提供する日程調整ツールです。世界中で使われているFrontは、顧客とのメールやアプリのやりとりをより快適にしてくれるもの。日程調整においても、シンプルかつより生産的な日程調整ができるようになります。顧客であれチームの仲間であれ、会議に最適な日程を自動的に探し出せます。

複数人での調整では投票機能もある

たくさんの参加者がいれば日程調整は難航するものですが、Front schedulingでは投票機能を実装。全員の意見を集約して最適な日取りを実現してくれます。

さらにFront schedulingはZoomとも連携可能。会議用のURLを自動的に発行するため、集合形式で参加できないメンバーにも役に立ちます。

「slack」や「Salesforce」とも連携可能

「Front scheduling」は、既に使用している様々なビジネスツールと連携できるため、スケジュール調整をより強力にサポートすることができます。連携可能なツールは、slackやSalesforceをはじめ、Gmail、Zapierなど。一般的に使われているツールなので、突然のアポ対応が必要になっても対応しやすいです。

Front schedulingのここがポイント!
ポイントアイコン

「Front scheduling」は世界中で使われている日程調整ツール。海外向けの商品をオンラインで商談したり、海外に顧客が多くいる会社などで使いやすいでしょう。slackといったビジネスツールとも強力に連携できるので、導入済みの方にもオススメできます。

Front schedulingのほかにも、20種類の日程調整ツールを紹介します。役立つ機能を一覧で比較していますので、自社の業態や環境にあった日程調整ツール選びに役立ててくださいね。

Front schedulingの口コミ評判

Web上に口コミはありませんでした。

Front schedulingの基本情報

2021年決定版 現場&社内承認者も納得な日程調整ツールを検索