現場&承認者も納得 日程調整ツール決定版 » 日程調整ツール全20種を比較しました » Tocaly

公開日: |更新日:

Tocaly

シンプルな操作性と直観的なユーザーインターフェースが特徴の日程調整ツール「Tocaly」は、覚えることが少なく誰にでも簡単に使いこなせる点が特徴。利用料金や機能性についてご紹介します。

Tocalyの機能や月額費用について

空き日程の提示
日程のカスタム提示 -
ダブルブッキング自動防止
予定前後の時間を自動で確保 -
代理での日程調整 -
AND・OR条件での参加者自動割り当て -
3社以上での日程調整
予定+訪問場所の同時調整 -
予定+会議室の自動予約 -
予定+WEB会議URLの自動発行
API連携
打ち合せ方法の選択 -
セキュリティ対策 -
web会議方法 Zoom・Google Meet
月額費用 基本無料

Tocalyの機能に関する特徴

シート形式のシンプルなデザイン

ビジネスの多くの場面で使用されているエクセルやスプレッドシートのように、カレンダーがマス目上にレイアウトされているのが特徴の日程調整ツールです。

直観的な動作でカレンダーから候補日時を選択し、事前に指定した相手との日程調整が可能。候補日時は打ち合わせ時間の長さや日付などを、縦横にドラッグで決定できます。誰でも使用したことのある操作により、導入のハードルが低いのが魅力です。使い方についてレクチャーする必要もないでしょう。

リアルタイムで更新される候補

Googleカレンダーとの同期機能があるため、自分のスケジュールに予定が設定されている場合は自動的に候補から除外されます。後から追加された予定も自動で候補から除外されるため、常に更新された状態のスケジュールを見ながら日程調整が行えます。

自分の予定を確認するために、日程調整のURL先とカレンダーアプリとを往復する手間もありません。また、Googleカレンダーの予定はメンバーからは見えることがないため安心です。

相手のアカウント作成は必要なし

日程調整を行う際には、あらかじめ設定した候補日時をURLで指定したメンバーに送り、相手から日時を選んでもらいます。URLを送る相手は新たにアカウントを作成したり、Googleカレンダーの利用を設定したりする必要はありません。

相手の利用環境に左右されることはなく、ただURLをメッセンジャーアプリやメールで送りつけるだけで用意に利用できます。連絡先さえ知っていれば、誰とでも気軽に日程調整が叶うでしょう。

Tocalyのここがポイント!
ポイントアイコン

多くの人に利用経験がある、エクセルやスプレッドシートの形態を意識した操作性が、使いやすさに拍車をかけています。

現在は無料プランしか展開されていない点も、導入しやすく人に利用を促しやすい魅力です。

Tocalyの口コミ評判

オンライン会議ツールはGoogle Meet、Zoomを連携できるので「なにを使ってますか?」と事前に確認する手間が省けています。また、調整中の予定を一覧できるので「いま誰と何の日程調整をしているのか」をわざわざ考えなくてよくなったのは大きな利点です。

※引用元:Tocaly公式HP(https://tocaly.com/ja/usecases/smartbank

体感で1回5分かかっていた調整作業が1分になったので、毎月5時間かかっていた日程調整作業が1時間に削減された試算になりますね。調整可能な日時をドラッグして範囲を示せば良いだけなので、スケジュール調整へのストレスが少なくなりました!

※参照元:Tocaly公式HPより抜粋(https://tocaly.com/ja

Tocalyの基本情報

2021年決定版 現場&社内承認者も納得な日程調整ツールを検索